訪問看護ステーションとは・・・
訪問看護トップへ

■各ご家庭を訪問、看護を提供いたします

 訪問看護師は主治医がどの地区の医師であっても、その医師からの指示書があれば訪問し看護を提供いたします。

■訪問看護はこんな方に

 介護保険証(介護度)、医療保険証をお持ちの方で、病気や怪我等により、ご家庭で療養されている方です。
1.寝たきり、もしくは寝たきりに近い方、物忘れが強い方や、オムツ使用している方等
2.床ずれがあったり、体に管が入っている方等、医療的なケアが必要な方
3.介護や医療について相談したい方

■訪問看護で行うこと

1.病状の観察と判断(体温、脈拍、呼吸、血圧等の測定)
2.食事、清潔、排泄、移動の介助
3.医師の指示による医療的処置(床ずれの予防と手当、傷の手当、各種カテーテル(管)の交換と管理、吸引、在宅酸素の管理、NIPPV、膀胱洗浄、CAPD、点滴、注射等)
4.薬の飲み方と管理
5.生活リハビリ(嚥下リハビリ、呼吸リハビリ等含む)
6.療養生活に関する相談、助言、指導
7.精神、心理面のケア
8.終末期のケア等
9.他のサービスとの連係

■訪問看護を受けるには

1.かかりつけの医師(主治医)に相談して下さい。
2.あなたの介護支援専門員(ケアマネージャー)に相談して下さい。
3.市役所長寿介護課又は地域包括支援センターに相談して下さい。
4.当事業所に直接御連絡下さい。

■料金について

・基定の利用料の支払いとなります。