健康講座トップへ

■はじめに

 今回はお子さまに多くなってきている滲出性中耳炎についてお話しします。滲出性中耳炎とは、鼓膜よりさらに奥にある骨で囲まれた中耳腔という空間に、液体がたまっている中耳炎のことを言います。通常中耳炎と言えば、激しい痛みと熱を伴うことが多いのですが、滲出性中耳炎ではそのどちらも伴わないことがあります。

■耳の構造

 図1では耳の構造を示しています。鼓膜の奥には骨で囲まれた空間があり、これを中耳腔といいます。図の赤色で囲ってある部分です。ここには通常空気が入っています。この中耳腔からは鼻へつながる管があり、これを耳管といいます。耳管は鼻の奥にその口が開いており耳管開口部と言います(図2)。耳管の働きは中耳腔の換気、中耳腔の炎症物質の排泄などですが、これは逆に言うと鼻やのどの炎症が、耳へ入る時の道ともなります。耳管は、つばなどを飲み込んだ瞬間に開きます。飛行機に搭乗しているときや、電車に乗ってトンネルに入ったときに経験する耳の圧迫感が、つばを飲み込んだときに解消されるのは、この時に耳管が開いて中耳腔内の圧力がうまく調節されるからなのです。

耳の構造(図1) 耳管開口部付近(図2)
▲ 耳の構造(図1)
▲ 耳管開口部付近(図2)


■滲出性中耳炎とは何でしょうか

  滲出性中耳炎とはこの中耳腔に液体が貯留している中耳炎のことを言います(図3)。鼓膜を観察しますと、この貯留液が鼓膜から透けて見え、鼓膜そのものは中耳腔側に陥凹していることが多く認められます。この貯留液は耳の外から入ったものではありません。これは中耳腔内で作られたものです。比較的弱い炎症が耳管を通って中耳腔内に入ると、中耳腔の細胞内から炎症性の水が滲み出てきます。これを滲出液と言い、これが貯留している状態を滲出性中耳炎と言います。このとき、耳管の働きが良ければ、滲出液は耳管を通って鼻から抜けていきます。しかし耳管の働きが悪いと、この滲出液が排泄されないのです。

滲出性中耳炎の耳(図3)
▲ 滲出性中耳炎の耳(図3)


■滲出性中耳炎になりやすい条件

 以上のように滲出性中耳炎の原因は、耳管の働きの悪さと耳管開口部周囲の炎症です。耳管開口部は鼻の奥にありますので、鼻やのどの炎症は耳管を通って中耳腔内に入りますし、又その炎症は耳管の働きを低下させます。すなわち急性副鼻腔炎、慢性副鼻腔炎(別名は蓄膿症)、急性咽喉頭炎、かぜ、アレルギー性鼻炎、アデノイド肥大などはすべて耳管の働きに悪影響を与え、滲出性中耳炎につながる可能性があります。

■症 状

 滲出性中耳炎の炎症はごく弱いので、痛みや発熱を伴うことはほとんどありません。これに対し、いわゆるよくある中耳炎、正しくは急性化膿性中耳炎と言いますが、この場合には中耳腔内で激しい炎症が起こるので、激しい痛みと高熱を伴うことが多いのです。
 滲出性中耳炎の一番起こりやすい症状は、難聴です。これは中耳腔内に貯留液がありますので音の伝わりがブロックされてしまうために起こります。しかしお子さまの場合その症状をうまく言い表せないこともあります。ですからご家庭内では以下のようなことがないかチェックしてみてください。  
   1.テレビの音が大きい
   2.大きな声でおしゃべりする
   3.呼んでも振り向かない、返事をしない
   4.耳がふさがった感じがするという
   5.耳の中でガサガサ音がする
   6.耳によく手をやる
   7.鼻炎や風邪が長引く時は要注意
  お子さまがこのような症状を呈したときは、早めに耳鼻咽喉科を受診なさってください。滲出性中耳炎を放置すると将来、鼓膜が中耳腔の壁にくっついてしまう癒着性中耳炎や、真珠腫性中耳炎という中耳炎に移行し、これらの中耳炎では将来手術が必要になることがあります。

■治 療

 以上のことから滲出性中耳炎の治療は、単に耳だけを治療すればよいというものではありません。みみ・はな・のどの全体的な治療が必要です。次のような治療を組み合わせて行います。

  

1.鼻・のどの治療
    鼻内、のどはできるだけきれいにすることが重要です。鼻汁の吸引清掃や、
   鼻への薬剤の吸入、内服薬の使用などを行います。
  2.耳管通気
    耳管に空気を通します。滲出液の排泄と耳管機能の改善に効果があります。
  3.鼓膜切開
    鼓膜に小さな切開を行い、滲出液を吸引除去します。鼓膜は再生能力が高
   いので、複数回切開を行っても、ほとんどの場合切開部は再び閉鎖します。
  4.チューブ
    何度も切開を行っても滲出液がたまる場合、鼓膜切開部に小さなチューブ
   (管)を入れておきます。これは鼓膜に持続的に小さな穴を空けておき、滲出
   液がたまらないようにしておくものです。
  5.日常生活
    全身的な健康管理が何より重要です。つまりカゼをひかないように体の抵
   抗力を高めることが必要です。

 滲出性中耳炎は内服薬だけではなかなか治癒しない場合が多く、どうしても耳管通気や鼓膜切開が必要な場合が多くあります。また治療期間は長くかかることがあります。それはなぜかと申しますと、上記の治療を行っていったん滲出液がなくなっても、鼻の状態が悪かったり、耳管機能が安定しなければ、中耳腔に再度滲出液が貯留するからです。再発しにくくなる平均年齢は8歳頃といわれています。その理由は、このころになると鼻やのどの状態、そして耳管機能が安定してくるからだろうと言われています。滲出性中耳炎になったお子さますべてが8歳まで治らないと言うことでは決してありませんが、このころまでは一応油断はできませんと言うことです。

■おわりに

 滲出性中耳炎は治療が長期間にわたりやすい疾患です。さらに一度治癒しても再発の可能性が高い疾患です。滲出性中耳炎の治療は根気よくやりましょう。